右脳と左脳の働きの違い  右脳と左脳という言葉は聞いたことありますよね?私たち人間の脳は右半分、左半分にわかれています。そのわかれている右脳と左脳はそれぞれ別の働きをもっています。では、その働きとはどんな働きなのでしょう。簡単にわかりやすく説明すると、まず右脳の働き、すぐれている点は図形などを読み取ることができる能力。そして音楽などを聞き取ることができる能力、全体をみることが出来る力、直観力とあります。左脳の働き、優れている点は言語の読み取りが出来る能力や、言語の聞き取りにすぐれた能力、分析する力や思考力もありますね。これは、昔から研究されてきて判明したことだそうです。事故で左脳に怪我をした人がいました。その左脳を怪我した人は言葉が離せなくなることがあります。これは昔から知られてきたことですね。言葉は左脳がもつ能力ですので、その部分を怪我で損傷すると言葉をはなすことが出来なくなるわけですね。不思議なもので、文字の読み取りをするときは、1字の漢字を読み取るときは右脳が働くそうです。1字の漢字は図形とみなすのでしょうか。でも漢字とひらがなやカタカナが混じると左脳のほうがよく働きます。